田七人参 サプリ サプリメント

MENU

田七人参おすすめランキング

田七人参は様々な栄養素が豊富に含まれていて最近注目されている植物です。
本当にいろいろな効果効能が言われていますし、こちらも最近注目の成分サポニンなども豊富に含まれています。
そういったことから健康のために多くの方が利用されていますね。
ちなみに私も健康のために飲んでみました。

 

こういったことからいろいろな田七人参商品が出てきています。
そうなるといろいろな田七人参商品が出てくるとどれが良いのかわからなくなってきます。
そこでいくつかのおすすめの田七人参商品を紹介したいと思います。
田七人参を利用しようと考えている方の参考になれば幸です。

田七人参の選び方

田七人参の効果・効能はいろいろあってとても注目のものですがどの商品でも良いのかというところですね。
商品によって品質も違ってきますからきっちり選ぶことが大事です。

 

まず田七人参の栄養は主に主根の部分に多く含まれています。
田七人参の商品によっては加工した商品や葉や花を使ったものを加工したものもあるようです。
主根部分でない場合栄養の多くないですし成分量も変わってきます。
白井田七がどれくらい使用されているのかもチェックするべきだと思います。

 

さらに農薬を使ったものなどもありますから無農薬のものがよいと思います。
市販の薬局などで購入するなら聞いてみると良いと思います。

 

中国の雲南省での栽培で信頼できる生産者や品質商品のものを利用したほうが良いと思います。

おすすめ田七人参サプリメント


白井田七

完全無農薬有機栽培・田七人参98%配合サプリメント 返金制度あり

田七人参を配合した商品としておすすめするのが白井田七です。
白井田七は多くの方が利用していますし、人気になっています。
私も飲んでみました。
くせのある粉末ではなかなか飲みにくいのですが、田七人参98%配合の錠剤になっているので飲みやすいというのもあります。
白井田七はサプリメントに多い余計なものも入っていないのでしっかり田七人参の栄養素を摂取できるのではないでしょうか。
品質に関しても徹底していますし良いと思います。
私が利用した写真の瓶のものは240粒入りのものですが、公式サイトでは120粒入りで価格的にも利用しやすくなっています。
返金制度もありますので利用しやすいのではないでしょうか。

 

詳細は公式サイトで確認お願いいたします。

 

公式サイトで確認⇒白井田七

白井田七ポイント

田七人参98%配合
完全無農薬有機栽培
開発者白井博隆氏

白井田七がおすすめの理由

白井田七がおすすめの理由は上に挙げたポイントなどがありますが、やはり、品質という点でもおすすめです。
田七人参は中国の奥地や標高の高い地域などで栽培されるのですが、そうすると品質に関して不安な部分も多くあります。
白井田七は白井博隆さんが開発、品質も管理しているということがあります。
無農薬有機栽培でIFOAM有機認証や有機JAS認証ということで安心、信頼度も高いです。
せっかく健康のために摂取するのであればこういった田七人参商品を利用するのが良いのではないかと思います。

 

白井田七。かめ

田七人参を黒酢の甕で熟成発酵したドリンク

田七人参を黒酢の甕で一緒に熟成発酵させてアミノ酸が豊富に含まれているドリンクです。
黒酢よりも豊富でさらにプロテオグリカンやアサイベリー、杜仲茶・羅漢果、オリゴ糖など11種類が配合されています。
成分等を見ていくと更年期の女性向けに作られているという感じです。

白井田七。かめポイント

黒酢と白井田七を一緒に熟成発酵
アミノ酸の量は黒酢に比べて圧倒的に高い
プロテオグリカンやアサイベリーなど11種類を配合

公式サイトはこちら⇒【白井田七。かめ】

 

ライオン 田七人参習慣

誰もが知っているライオンが販売

田七人参習慣はライオンが提供するサプリメントです。
田七人参の希少成分を効率的に濃縮化する独自製法を開発されています。
田七人参にビタミンB1が配合されています。

田七人参習慣ポイント

独自製法を開発
ビタミンB1配合
ライオンが提供

 

京のくすり屋 オーガニック田七人参

有機JAS認定原料100%

京のくすり屋のオーガニック田七人参はJAS認定でオーガニックの田七人参を使用しています。
中国雲南省産の無農薬、化学肥料不使用のものです。
田七人参は、40頭を使用しています。
この数字が小さくなるほど良質な田七人参ということが言えます。
高品質で粉末加工は日本国内で行われており安心して利用できるのではないでしょうか。

京のくすり屋 オーガニック田七人参ポイント

JAS認定でオーガニックの田七人参
40頭を使用
無農薬、化学肥料不使用

 

原料屋 田七人参

純度100%で40頭使用の田七人参

原料屋の田七人参は純度100%で高品質な40頭使用の田七人参です。
JAS認定ということで安心して利用できるのではないでしょうか。
この商品はサプリメントではなく粉末状になっています。
ですから余分なものが入っていないのもポイントです。

原料屋 田七人参ポイント

純度100%
40頭使用
JAS認定でオーガニックの田七人参

田七人参とは

田七人参とはウコギ科の多年草です。中国では古くから「金不換」と呼ばれています。
金では買えないほどといわれる貴重な秘薬であり、とても重宝されてきました。和名では(三七人参)サンシチニンジンといいます。
これは高麗人参や朝鮮人参の仲間で地域は主に中国の雲南省に生息・栽培されています。

 

生命力が強く収穫まで3年から7年ほどかかります。
一度収穫すると土地の栄養分をすべて吸収してしまうと言われていて収穫後10年もの間草も生えないくらい主根に栄養が含まれるということなんです。

 

この田七人参は、サポニンを多く含んでいます。
サポニンとは植物の根・茎・葉などに含まれている配糖体の一種で、注目されている成分です。
さらに田七人参には、サポニンを豊富に含んでいる以外にもアルギニン、フラボノイド、さらにビタミンやミネラルなど多くの栄養素を含んでいて、これらが複合的に作用することができます。
田七人参はサプリメントなどで摂取するので良いのではないでしょうか。

田七人参に含まれる主な成分

サポニン、カロチン、デンシチン、ナトリウム、ステロール、アミノ酸、ビタミン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB12、亜鉛、マンガン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄、銅、有機ゲルマニウム、田七ケトン、葉酸、フラボノイド

サポニン

田七人参といえばやはり一番に挙げられるのがサポニンという成分です。
サポニンは7%〜12%ほど含有されています。
これは高麗人参の3倍以上ということなんです。
この人参サポニンはジンセノサイドとも呼ばれているのですが、ジンセノサイドもさらに細かく分けられます。
そのうちginsenosideRg1、ginsenosideRb1、ginsenosideRg2が豊富に含まれています。
他にもRa、b2、d、eなども含まれています。
これらもそれぞれ効果が違っていて
ginsenosideRg1なら鎮痛作用、精神安定作用、コレステロール生合成促進作用、など他にも様々な作用があります。
こういったところから下のようないろいろな効果が期待できると言われています。

田七人参はこういったことが気になっている方におすすめ

尿酸値が高い、血糖値が高い、高血圧、鉄分不足、更年期障害、痛風、血液ドロドロ、コレステロールが気になる、肝機能低下

田七人参と痛風・尿酸値との関係

痛風は体内に尿酸が溜まってしまい関節に炎症が起きる病気です。
まず食事や飲酒によってプリン体を多く摂ることでそれが肝臓で分解され尿酸になり尿酸値が高くなります。
そして痛風になりますが一度痛風になると治らないと言われているので尿酸値が高い人は発症する前に予防することが大事です。

 

田七人参に含まれる血液サラサラ成分のサポニンが尿酸をデトックスしてくれるというところです。

田七人参と血糖値の関係

血糖値は炭水化物や甘いものや肉類など糖質の高いものを食べると高くなります。
血糖値が高くなると糖尿病の危険性が高くなります。
糖尿病は一度なると治らないので血糖値が高い時点で予防と対策を取ることが大事です。

 

田七人参に含まれるサポニンにに抗糖尿病作用が期待できるということなんです。
さらにパナキサトリオールに血糖値を低下させる作用があるということです。

田七人参と高血圧との関係

高血圧は塩分の塩分の摂りすぎや、暴飲暴食、喫煙、ストレスなら様々な原因が考えられます。
こういったところを改善することが大事です。

 

田七人参にはサラサラ成分や血管拡張作用が期待できるということなんです。
血流の流れがスムーズになることで血圧が下がるります。
さらに糖尿病との合併症などもあるので田七人参で血糖値と高血圧の予防ができれば効率が良いですね。

 

他にも肝機能改善や止血など様々な効果が期待できると言われています。

田七人参の品質

田七人参でも産地も違えば品質も違ってきます。
ですから一言で田七人参といっても様々です。
せっかく健康のために摂取するわけですから品質の良いものを摂取することが大事です。
まずはどこの産地のものかです。
基本中国の雲南省のものばかりです。
この雲南省でも品質が違います。
栽培には農薬と化学肥料が大量に使用されているものもあるので、無農薬で品質管理もしっかりしている田七人参が良いと思います。

 

ちなみに田七人参には品質を表示する方法として、〇年根や大きさの頭数の2つがあります。

田七人参Q&A

田七人参には体に良いもの、こんなイメージを漠然と抱いている方も多いのではないでしょうか。
たしかに田七人参には健康効果が期待でき、その意味では体に良いものなのは間違いないでしょう。
とはいえ田七人参について詳しく知らないという方もまだまだ多く、興味があっても不安や疑問があるという方も多いはずです。
そこでここでは田七人参についてよくある疑問についてその答えを記載していきます。
より田七人参を知るための参考にしていただければと思います。

 

Q 副作用の心配はないの?

 

A 田七人参にはウコギ科の植物であり、医薬品とは違います。
そのため副作用の心配も少なく、安心して摂取できるものだと考えてもらっていいでしょう。
サプリメントの成分としても使われることが多いのですが、そもそもサプリメントは医薬品とは違い、健康補助食品に該当するものです。
食品ですから副作用の心配も非常に少なく、正しく摂取していれば副作用が出る可能性は非常に少ないとされています。
ただし、注意点がないわけではなく、大量の摂取は避けるようにしなければなりません。
というのも田七人参は1度に大量に摂取してしまうとめまいや吐き気、疲労感といった副作用と言える症状が出る可能性があるからです。
サプリメントから田七人参を摂取する場合はそのサプリメントに書かれている1日の摂取量を必ず守り、それ以上摂取することがないようにしましょう。
この点にさえ気を付けておけば安心して飲むことができる優れた成分で、自身の健康維持やトラブルの改善に役立ってくれるはずです。

 

Q 1日の摂取量は?

 

A 副作用を防ぐためにも1日の摂取量を知ることはとても大切です。
田七人参を摂取する場合、漢方薬にしろサプリメントにしろ、購入した商品に1日の摂取量や飲み方が説明されているのでそれを守るのが基本となります。
書かれている1日の摂取量より少なく摂取してしまうと期待できる効果が薄れてしまう恐れがありますし、1日の摂取量より多く摂取してしまうと副作用のリスクが生まれます。
そのため必ず1日の摂取量をチェックし、必ずその量を守ることが大切です。
具体的な摂取量を紹介すると、健康な成人がサプリメントとして田七人参を摂取する場合で1日に3グラムから5グラムほどが適量とされており、これを1日3回に分けて摂取するのが理想的です。
朝食、昼食、夕食時に併せて飲むのがいいでしょうか。
ただしこの摂取量はあくまでも目安ですので、不安が残るという方はまず少なめに摂取してみて、体調の変化がないかどうかなど様子見するのもいいでしょう。
基本的には安全なものですが、慎重になって損をするわけでもありません。

 

Q どのくらいの期間飲み続ければいいの?

 

A どんなサプリメントでもそうなのですが、効果を実感できるようになるまでは個人差があります。
ごく短い期間で効果を実感できる方もいれば、1ヶ月2ヶ月飲んでも効果を実感できず、3ヶ月以上飲み続けてようやく効果を実感できたという方もいます。
人によってはどんなに飲んでも効果を実感できなかったという方もいるでしょう。
そのため具体的にこのくらいの期間飲み続ければいいというのは一概には言えないのが実際のところです。
ただ、サプリメントは基本的に数ヶ月単位で飲み続けることを前提にしたものですので、それを考慮するとやはり少なくとも1ヶ月は飲み続けるのが大事でしょう。
医薬品のように即効性のあるものではないので、気長に根気よく続けることがポイントになります。
思うように効果が実感できないと、自分には合わなかった、と諦めてしまいがちです。
そのためある程度の期間は続けてみて、本当に効果を実感できるかどうかを確認することが大切です。

 

Q どんなタイミングで摂取するべき?

 

A 田七人参を摂取すべきタイミングは特には決められていません。
摂取量にさえ気を付けていればいつ飲んでもかまわないわけです。
ただ、田七人参が体内で効果を発揮するためにはまずは体にしっかりと吸収されなければならず、この点は重要な要素と考えられます。
たとえば食前と食後で比較した場合、食前の方が吸収率も高いため田七人参も食前に摂取する方が効率は良いと言えるでしょう。
もちろん食後でもかまわないのですが、少しでも効率良く摂取することを意識するなら食事の前にまず田七人参を摂取するのが理想的です。
特に朝起きた直後は非常に吸収率が高くなっていますので、朝食前に田七人参を摂取する、これを日課にするのがおすすめです。

 

主にどうやって田七人参を摂取していけば安全で効果も期待できるようになるのか、このあたりを紹介してきました。
ここで紹介したことを意識しておけば田七人参を効率よく摂取できるようになり、健康効果も期待できるようになるでしょう。
すぐに結果が出るものではないので不安に感じることもあるかもしれませんが、まずは一定期間飲み続けてみましょう。
そうすることで体調にも変化が見られ、トラブルの解消や予防につながるかもしれません。

田七人参と尋常性白斑

田七人参を飲んで尋常性白斑を改善というところが注目されているようなので調べてみました。
まず尋常性白斑ですが皮膚色素をつくる部位のメラノサイトが何らかの原因で減少・消失する皮膚疾患です。
そして、皮膚の色が白く抜けていくということなんです。

 

では尋常性白斑がなぜ田七人参と関係していると言われているのかというところです。
メラノサイトが何らかの原因で減少・消失するということでこれは免疫力や抵抗力の低下が原因の一つにあると言われています。
その免疫力低下の改善に効果が期待できると言われているのがサポニンということです。

 

まだ尋常性白斑になるのか原因が解明されていません。
また、サポニンの効果が認められているわけではありませんがこういったところから言われているようです。

田七人参の飲み方

飲み方に関しては商品によって違いますが、
たとえば白井田七なら1日に4〜8粒を目安にお水またはお湯で飲んでくださいということくらいです。

 

白井田七。茶は粉末なので水に混ぜて飲むのですが、飲むタイミングについては特に言われているタイミングはないのですが胃腸の弱い方は食後にお召し上がり頂くことをオススメしておりますということです。

 

やはり空腹時より食後に摂取するのが良いのではないかということのようです。

田七人参について

田七人参は高級な漢方生薬として知名度がありますね。
そして、最近ではサプリメントなどとして販売されています。
ここで高麗人参と違うのというと高麗人参よりも多くの薬効が認められているということです。

 

私も田七人参を飲んだりしたのですが目に見えて効果が現れるというのはなかなかないのですが配合成分も含めて様々な効果効能が言われていますね。
老化防止、免疫力アップなど健康のために飲んだしています。

 

大昔は急性肝炎、慢性肝炎に有効とされ、肝臓の特効薬としても販売されていました。
昔の薬物書には止血、止痛作用と共に、血液循環障害を改善すると記載されていたりしました。

 

成分で見ていくと一番はサポニンという成分が豊富に含まれているというところですが、他にも田七ケトン、有機ゲルマニウム、フラボン配糖体、アセチレン化合物、デンシチン、植物ステロール、ビタミン類、カリウム、鉄分、亜鉛、マグネシウムのミネラルも含まれています。

 

こういったところからか糖尿病(血糖値)、高血圧、貧血、血流、血液の流れのサポート、冷え性、コレステロール、更年期、アトピー、風邪や疲労回復などが気になる方、幅広く利用されているようです。
中国では昔から不老長寿の秘薬として珍重されているほどのものです。
効果効能に関しては実験研究などから解明されてきていることもあるのですがまだ解明されていないことも多いです。

 

では田七人参はどこで購入するのかというところですが通販ならいろいろなところで売られています。
おそらくドラックストアや薬局にもあるかもしれません。
ただ、やはり口コミをみたり比較するのであればネットでみて選ぶのも良いと思います。
楽天やamazonなどでもありますね。

 

そういった田七人参の商品の中でも白井田七をおすすめしたいですね。
無農薬で品質にもこだわっていて、販売会社はさくらの森というところなのですが白井田七の勉強会を定期的に開いているくらいでもっと田七人参、白井田七を知りたい方は参加してみるのも良いと思います。

白井田七