田七人参と痛風・尿酸値の関係

MENU

田七人参と痛風・尿酸値の関係

特にお酒が好きという方の場合、痛風に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
激しい傷みを伴う痛風はとても厄介なものです。
痛風を改善する、予防することがとても大切で、そこで重要になってくるのが尿酸値です。
痛風は尿酸値が高くなるほど発症のリスクが上がっていきます。
いかにして尿酸値を抑えるかがポイントになるわけですが、そこで田七人参が注目され始めています。
田七人参と痛風、尿酸値にはどんな関係があるのでしょうか。

痛風とは?

痛風という病気は体内に尿酸が溜まることで関節に炎症が起きてしまう病気です。
足の指にある関節が激しく痛むのが代表的な症状になるでしょうか。
成人男性がかかることが多い病気で、中でもお酒が好きな方にその傾向が見られます。

 

これはお酒を大量に摂取することで尿酸が溜まりやすくなるのが原因と考えられています。
尿酸が体内に溜まると結晶化され、これが原因で関節に炎症が起きる仕組みです。
炎症が原因ですから抗炎症薬を飲むことなどで症状を緩和、改善することが可能です。

 

しかしまたすぐに症状を再発してしまうこともあり、食生活などを含めて根本的な原因を解消しないといけません。
症状として出る痛みはかなりのもので、成人男性でも耐え難いような激しい痛みなので痛風にかかることのないよう注意することも大切でしょう。
遺伝も関係していると言われていますが、やはり普段の生活が与える影響が多いのでお酒の量を控えるなど、尿酸が体内に溜まらないよう心がけることが重要です。

田七人参と肝機能の関係

それでは田七人参と痛風の関係について、具体的に見ていきましょう。
田七人参は漢方薬としても使われる生薬の1種なのですが、実にさまざまな効果を期待できます。

 

その中から痛風に関係している効果を抜き出すと、代表的なものが肝機能の向上効果です。
田七人参を摂取することで肝機能の向上が期待でき、このことによって痛風を改善、予防できると考えられています。

 

たとえばお酒を飲むと肝臓がアルコールを分解する働きを果たすわけですが、この時に尿酸が作られる形になっています。
田七人参を摂取し、肝機能が向上してくれると尿酸の作られる量が減り、結果的に尿酸値を抑えることにつながります。
尿酸値を抑えられれば痛風になりにくいですし、症状の悪化や、そもそも痛風が発症する可能性を下げられるという仕組みです。
もちろん本格的に痛風を予防するなら飲酒量を減らすことも重要です。

 

大好きなお酒を減らすのは難しいという方の場合、せめて尿酸値を下げる工夫が必要になりますから田七人参はとても役立つでしょう。

田七人参で症状の緩和

田七人参には肝機能の向上以外にも痛風の症状の緩和が期待できます。
痛風の症状というと炎症による激しい痛みがあります。

 

田七人参に含まれている成分には体の痛みを緩和してくれる成分も含まれているのです。
ある種の鎮痛剤のような働きをしてくれるとイメージすればいいでしょうか。
そのため田七人参を摂取することで痛風の痛みを緩和し、辛い症状を抑えられる可能性もあるのです。

 

既に痛風になってしまっているという方は、この効果を期待して田七人参を摂取するのがいいでしょう。
同時に血液のサラサラにし血流を改善する効果も期待できますので、お酒好きの方にはとてもありがたい存在となるはずです。
田七人参を摂取するだけでこれだけの効果を得られるのですから、注目されるのも当然と言えるのではないでしょうか。
痛風の予防にもなり、さらに症状の改善も期待できるのが田七人参です。

田七人参を摂取するには?

田七人参が痛風の予防や改善に期待できることはよくわかりましたが、問題はどうやって田七人参を摂取するかです。
一般的な人参のようにスーパーなどで販売されているわけではありませんから、摂取するのも難しいように感じられます。
しかし、現在では田七人参はサプリメントに配合されていることが増えています。
つまり田七人参を効果的に摂取したいならサプリメントを頼るのがベストな方法なのです。
多くのサプリメントが販売されていますが、その中から田七人参が成分として使われているものを探し、それを毎日飲むようにすると痛風対策になるでしょう。
漢方薬ですから漢方薬が販売されているお店で入手する方法でもかまわないのですが、入手のしやすさや飲みやすさなどを考えるとサプリメントの方が便利です。
同時に生活スタイルも徐々に変えていけば痛風を改善したり、予防したりがさらにやりやすくなります。

 

多くの男性を悩ませている痛風ですが、田七人参を効率よく摂取できれば改善や予防が期待できます。
サプリメントから摂取すれば毎日飲むだけという手軽さで症状の緩和を目指せますから非常に便利です。
まずは田七人参と痛風の関係をしっかりと把握し、どうやって田七人参を活用していくかを考えてみましょう。
そうすることで悩みを解消できる可能性があります。

白井田七